LEDの影響

崩れはじめた町


車や自転車のLEDライトや、LED雨による影響と思われる、ひとつの町の劣化の様子を観察しています。
















駐車場の後ろにあるブロック塀の基礎に大きな穴が開き、ところどころ表面が剥離し、数ヶ所ヒビが入っています。
右の駐車場のブロックも壊れてるところがあります。それぞれの拡大↓






























駐車場側の壊れたブロック。何か力が加わって崩れたのでしょうか? 柱のサビも酷いように思います。










幹線道路の縁石です。至るところが崩れています。




















縁石が崩れて鉄筋が剥きだしになっているところもあります。










駐車場の縁石ブロックも崩れ鉄筋が剥きだしになっています。










街道の舗道の縁石です。割れて穴があいています。










のぞきこんでも暗くて奥がどうなってるのかわからない穴、ここからLED雨が入り溜まっていったら…










何か衝撃が加わったのかもわかりませんが、コンクリートが脆くなってたために崩れて鉄が剥きだしになったようです。










脆くなって崩れてきています。右は溝蓋の隙間が広がっています。










タイルも欠けたり剥がれたりしていました。



















タイルの剥がれだけでなく、コンクリートも脆くなって剥がれ落ちています。




















比較的新しいLED街路灯です。足元の塗料が剥がれ黒ずみも見られます。



コンクリートの劣化はすさまじい勢いで進んでいます。
これらの小さなほころびは、大きな災害の序章ではないでしょうか。
一刻も早くLEDを外さないと、地球に未来はなくなってしまいます。
(2017年5月中旬〜6月中旬撮影)


全国のLEDによる影響は、こちらでご覧いただけます。
「LEDの影響 (1)  (2)  (3)  (4)  (5)  (6)