LEDの影響

磐船神社(いわふね)


大阪府交野市の生駒山系北端にある磐船神社は、物部氏の祖神である饒速日命の降臨の地という伝承がある場所です。







神社は右側の山の中で、左側の山は切り株だらけになっていました。










駐車場のすぐ傍のこの風景が最初何かわからず、白いビニール袋を被せた切り株と思い至ってゾッとしました。
ナラ枯れをした木を伐採して殺虫剤を噴霧し、ビニールを被せて虫を駆除しているとのことですが…



















民家の横もかなり多くの木が伐採されています。周辺の街路灯は見た限り全部LEDでした。
















切り株の周辺の木々も傷んで、キノコのようなものが見られる木もあります。
















駐車場から神社までの街路樹はぼろぼろで、伐採されてしまったところもあります。


































神社の前の巨石には橙色の苔がつき、














境内にある巨石にも黄色い苔がつき、










鳥居の両柱には橙色のコケと、黒ずみも見られました。


















































境内はどこもかしこも苔、苔、苔。黄色や橙色の苔も見られます。











岩窟めぐりの入口。掟と書かれていて何か怖い感じがします。右は格子の穴から撮影しています。










写真を見て絶句しました。巨石の間を何度もくぐり抜け、天の岩戸と呼ばれる場所に辿りつくようになっているのですが、
人一人がギリギリ通れる場所もあるそうで、とても危険です。










その岩窟の上には不気味な木が… 拡大してみても↓










下はコブのようですがどうなってるのかよくわかりません。右の傾いてる部分の先は樹皮がめくれているように見えます。










巨石の傍は薄気味悪い木ばかりです。右は粘つくような感じに思えます。



















幹が裂けてしまってる木も…。水辺なのに木は乾燥してる感じです。










神社の前のLED街路灯は昼間から煌々と点いていました。










滝の方へ歩くと、ここにも病んだ木が見られ、










キノコのようなものがついて、もげた枝が落ちていました。










近くにある小さな滝の前には鳥居があり、その向こう側のコンクリートにも黄色い苔がついており、










その横にある、ほしだ園地への道は、山肌の土がえぐれるように落ちていました。










少し進むと、竹薮も茶色くなってたくさん伐採されていました。









駐車場に戻ると川の様子がおかしいのに気づきました。両端に橙色の水が見えます。それぞれの拡大↓













山の中にある磐船神社の周辺の木々の様子は尋常ではありませんでした。
LED街路灯、車のLEDライト、そして誰も避けようのないLED雨。
それらの影響で痛んだと思われる木々が、切り株となってしまってからもさらに苦められている、川が異常な姿になっている、
いつまでも、LEDが本当に関係あるのかと疑ったり、真実から目をそむけたりしている時ではないと思います。
(2017年4月16日撮影)


全国のLEDによる被害の様子は、こちらでご覧いただけます。
「LEDの影響 (1)  (2)  (3)  (4)  (5)