LEDの影響

三輪神社周辺


三輪神社は奈良県桜井市の三輪山にあります。








正面の三角錐の山が三輪山です。手前に写ってる駐車場の右側に、車で入っていける大鳥居があります。


【切り株、切り株、切り株…】

大鳥居の近くに大きな駐車場がありますが、多くの車は奥の駐車場へ向かい、二の鳥居までの道路は渋滞していました。







切り株から新しい芽が出て成長していますが
このままLED光を浴び続けたらどうなるでしょうか…


切り株が並んでいるところがありました。
下の段にそれぞれのアップを載せています。









赤マルの切り株。
横から松の芽が出ています。

黄マルの切り株。
松にしては幹の形が歪では…

白マルの切り株。
かなり大きいです。









カビのようなコケがつき枯れ始めてる松と、大小の切り株。

LED自動販売機前の、幹が裂け中心が朽ちた大きな切り株。









カビのようなコケがついてたり中心が空洞になってたりと、ぼろぼろの松に新しい芽が出ています。
























大鳥居から二の鳥居までは住宅街を通る県道なので、参道を通行するのは参拝客だけではありません。
この間にはたくさんの切り株があり、乾燥してぼろぼろで何の木かわからない切り株もありました。


【痛んだ木々】







LED自動販売機前の木。
無残に切り落とされています。

左の木を前から見たところ。
切り口から細い枝が噴出しています。

二の鳥居の横の木。
じめじめしたぶ厚いコケがついています。









摂社の久延彦神社の駐車場です。
正面にある柿の木がとても痛んでいました。

正面から見たところ。乾燥して黒ずんでたり、コブができてたり、
真ん中の木は歪んで穴が空いています(下にアップの画像あり)










コブができ、ただれたように見えます。

穴の白い部分は蜘蛛の巣みたいです。
穴があき上部は朽ちているようです。


















展望台への山道でも痛んだ木をたくさん見かけました。










展望台の木々がぼろぼろでした。町が見渡せる場所にあるため、町のLEDライトの影響を受けてると思われます。


【heavyな木々】

枝が蛇のようにくねっている木がやたら目に入りました。







カビのようなコケがびっしりついた桜。

樹皮がひび割れ、根元から胴ぶきしている枝垂れ桜。










白い枝がたくさんある展望台の桜。

これも、桜です。










ふと横を見たら蛇が這ってるような枝が目に入ってギョッとしました。
車の出入りが多い場所であまり観察できず、車を避けるように
のけぞってるのが、木か蔦かわからなかったのですが →

1台の車が移動したので正面に回って上の方を撮影しました。
どうやら蔦のようですが、こんな伸び方をするものでしょうか…
なんだかひどく混乱してるように思えます。


【さまざまなコケ】



















色も質感もさまざまなコケが至る所で見られました。


【三輪山から見た風景】









展望台から見た大和三山です。左から、天香久山、畝傍山、耳成山で、それぞれに神社があります。










二つのコブに見えるのは二上山です。「遠つ飛鳥」と「近つ飛鳥」を結ぶ竹内街道が通っており、二上山の向こう側は太子町です。


観光客もさることながら、ご利益を求めてや摂社の狭井神社へ水を汲みにと、何度も訪れる参拝者が多い三輪神社。
車やお店のLEDライトの影響と思われる風景だけでなく、神社特有の木々の姿も見られました。
LEDの影響と、LEDの原因を併せ持つ神社の存在に、そろそろ疑問を感じて良い頃ではないでしょうか。
(2017年2月26日撮影)


「LEDの影響 (1)  (2)  (3)  (4) 」 のリンクページもご覧ください。