LEDの影響

伊勢神宮A(内宮)


外宮と内宮は距離が離れてるためバスで移動しました。バス停の少し先に五十鈴川に架かる宇治橋があり、手前に宇治橋鳥居があります。

【宇治橋鳥居から】







宇治橋から五十鈴川を見たところ。橋の両サイドに鳥居があります。

宇治橋鳥居から第一鳥居へ。

















切り株と、植えられたばかりの若い木がたくさんありました。
五十鈴川御手洗場。ここで手を洗う人が多く、お金を投げる人もいます。


【正宮の周辺】







全身白カビのようなコケがついています。
蛇が隠れてるような?

病気なのか爛れたような樹皮です。









かなりの大木です。
切り口に不気味な白い物が被せられてます。

真ん中の穴は何かで埋められ
左側にキノコが生えています。
新しい灯篭はLEDだそうです。
灯篭の横の枝が黒ずんでいます。




























ご利益を求める人々と求めさせる神社の猿芝居に付き合わされて、木々は疲弊しているように思えました。


【荒祭宮の周辺】






所々にポール式の照明があり、周辺の枝は黒ずんでいました。
LEDか確認できてませんが、新しいのでLEDと思うのですが…

荒祭宮へは階段を上っていきます。
土が落ちて根が見えてる所や、倒れてる木が多々あります。




















【風日祈宮の周辺】







風日祈宮への参道の上の部分。何故か進むのを躊躇いました。

両端に鳥居がある橋を渡ります。嫌な感じが強くなりました。










川辺の幹が裂けた木と妙な枝。

異様に白い木。 うねるような黒い枝。


















かなりの土が落ちて根がむき出しになっています。
ふと見上げると白カビだらけの木と黒い枝に囲まれていました。



















幹が裂けたり、焦げたように黒くなってる木が多くあり、巻かれた包帯自体が黒ずんでる現象も見られました。


【帰り道の順路周辺】

























ひととおり宮を回ったら帰り道の案内板があり、その方向へ進むと異様さがはっきりわかる木々が現れました。


【神苑の木々】







神苑という名の庭園があったので寄ってみると、痛んだ木や異様な木がたくさんありました。






































赤い部分のアップ。





妙な痛み方の木。
気になる部分をそれぞれアップにしています。→

焦げたような部分のアップ。

蛇?










蛇?
蛇?

微妙に蛇?




























生命の息吹が感じられない木です。

左の木の根元のアップ。

根がコケまみれで穴があいています。








右の枝の裂け目は空洞で後ろの梅の枝が出ています。

ぼろぼろで、支えがないと倒れそうです。


















まだ新しい切り株もいくつかありました。中心が痛んでるのがわかるものもあります。


伊勢神宮は参拝時間が定められており、年末年始以外、夏は午前5時〜午後7時、冬は午後5時までです。
参道には木の灯篭や照明灯がありますが普段は真っ暗で年末年始に点灯されるそうです。(それ以外の点灯については未確認)
そのためLED照明の直接の影響は少ないかもしれませんが、LEDに汚染された雨からは逃れることはできません。
じめじめした伊勢神宮の土はその雨水を蓄え、木々はその水によって痛み病み、生命力をなくしていってるように感じました。
(2017年3月19日撮影)


「LEDの影響 (1)  (2)  (3)  (4) 」 のリンクページもご覧ください。