LEDの影響

奈良公園の秋


美しく紅葉する木々の傍らで、ひっそりと滅んでゆく風景がありました。


【桜】





広場の周辺の桜は紅葉していますが、
中央の桜は葉が落ちてしまっています。

幹にたくさんの苔がついており、
葉はあまり残っていません。







葉がほとんど散ってしまった通路際の桜。
たくさんの枝が大きく切り落とされ、木肌は痛んでいます。

左の写真の真ん中の木のアップ。
幹が裂けています。







柵で囲われて大切にされているようですが、葉はすべて散っています。
周囲には切り株が複数あります。

早くに散ってしまった桜の古木。
木肌はびっしりと苔がつき
草が生えたり捲れたりしています。


_____________________________________________


【幹が痛んだ木々】







幹が裂け苔がたくさんついています。
裂け目に草?が生えているようです。


木肌が荒れ、捲れています。



切り傷のように裂けている幹。









イベント時は駐車場になる場所。
木肌が荒れ、裂け始めています。

イベント時は駐車場になる場所。
木肌が痛んでいます。

切り株が多い場所で残っていた木。
幹が深く裂けています。


_____________________________________________

【枯れ始めている松】





枝に近い方から枯れ始めてる松が、あちこちで目に付きました。

道路際の松。
葉がほとんど落ちています。


_____________________________________________


【切り株の中の紅葉】





きれいに紅葉していますが幹は痛んでいます。
周辺にはたくさんの切り株があり、今後が気になります。



幹のアップ。
木肌が捲れています。







きれいに紅葉している木の周りに、たくさんの切り株があります。
この木も幹は痛んでおり、コブができてるように見えます。


違う角度から撮った幹のアップ。
画像が荒くてわかりにくいですが
コブのようです。


_____________________________________________

【切り株とカラス】

 

この辺りまで来たのは久しぶりですが、切り株が増え、殺伐とした印象を受けました。
奈良公園で、カラスが屯しているのを見たのは初めてです。
右端の切り株は、水分がなくなって崩れていってるのでしょうか。
このようにボロボロになっている切り株が、あちこちにあります。



(2016年11月13日撮影)



LEDの影響のリンクページへ