LEDの影響

嵐山公園(渡月橋北〜嵯峨野)

【道沿いの木々】







交通量の多い道路沿いの松が
枯れてきていました。
右には交差点があり、後ろは桂川です。


幹がバッサリ切られ
白カビのようなものが天辺から
根元までついてる桜。


LED自販機が近くにある桜。
下は黄色い苔がびっしりです。
単車も気になります。








木肌はとても乾燥しており、穴があいています。





LEDから逃げるように傾いています。


【お寺の駐車場】







駐車場に挟まれた前庭は切り株だらけでした。
比較的新しいものが多かったです。
訪れる人が多い所なので車の出入りが頻繁なことも一因と思われます。




干からびて息も絶え絶えに見えます。
吸い上げた水は全部
一本の枝に送ってるかのよう。。








ボロボロに朽ちてしまった切り株。



新しい切り株。
奥の方はかなり大きいです。


根元から裂けてきています。









塀沿いの木も傷んでおり、極端に剪定されたり
切られてしまってる木もありました。


新しい切り株もあります。
樹齢はどのくらいなのか…


切られたところは朽ちて、
コケがびっしりです。



【竹林の風景】







根元のほうが朽ちています。
枝も極端に剪定されています。


コブがたくさんできているのですが、
デキモノみたいに見える部分もあります。


幹が裂けて穴が開き、
キノコも発生しています。





昼間から煌々とついているLED街路灯。




竹林の中に見学コースがありました。
「京都・嵐山花灯路」の時は、ここも煌びやかにライトアップされてたようです。
普段の竹林を知らないのですが、こんなに切り株があるのものなのでしょうか。




【小さな公園では…】





公園内の真ん中にある桜。左に公園の出入口があります。
幹が裂けたり上が朽ちたりして、かなり痛んでいます。
周辺住宅街の街路灯はLEDが目に付きました。


公園の出入口を見たところ。
自転車乗入れ禁止と書いてありました。
なぜここまで痛んでいるのでしょうか…。






上の写真の右奥の桜。
両方かなり剪定されておりカビのような苔がびっしりです。
斜めに傾いてる木の右に公園の出入口があります。


古い切り株のようですが、
右側に新しい枝を伸ばしています。





【歪な風景】

小路の店舗が集まった場所で、LEDイルミネーションやスポットライトが昼間から煌々と点いていました。







木と石塔にイルミネーションが巻きつけてあり
チカチカと点灯してて胸がざわつきました。



木肌は痛み枝は極端に剪定されています。
苦しそうに身をよじってるようにも…



突き刺すようなスポットライト。
前にある樹木は傷んでおり、
極端に剪定されています。




嵐山公園は京都の中でもよく訪れた、好きな場所です。
若い時から数年前まで、人工的なものが変わりこそすれ、独特の空気感は変わらず、
自然の中を散策するのも新しいお店を探検するのも、ゆったりまったりほっこり、でした。
それが今回はどこを歩いても痛々しい木々の姿が目に入り、強い緊張感を覚えました。
LED照明によって豊かな風景が壊されていく…、今どこでも起きていることです。
(2017年1月3日撮影)


「LEDの影響 (1)  (2)  (3)  (4) 」 のリンクページもご覧ください。