LEDの影響

大阪府庁周辺


大阪府庁は大阪城の西側にあり、周辺には大阪法務局、大阪国税局、大阪府警などの官公庁や大きな病院があります。







右は大阪府庁別館、左は病院です。府庁の敷地内のLED照明ポールが傾いています。
別方向から↓
























府議会会館の前の電柱が傾いていました。横から見ても少し傾いているようです。街路灯はLEDです(黄マル)。
足元↓










周囲には補修した跡がありますがその横にもう亀裂が生じており、朝から雨は降ってないのに濡れたような跡があります。














道路側に傾き、周囲には隙間ができ脆くなってるように見えます。














別館から大阪城公園の方向へ進むと、左手に大阪府庁が見えてきます。
赤い矢印の電柱は傾いています。










突き当たりに来ました。右側は角のコンクリートが劣化してヒビだらけでした。拡大↓
歩道の奥の方に茶色くなってるところが見えます。さらに↓










壁のヒビはかなり深いように見えます。

突き出した部分。補修跡の上が欠けています。









茶色い粉っぽいものが付着してるのでなんだろうと思って写真に収めました。
そのときは何かわからなかったんですが、こちらを見て粉状になった枯葉だと気づきました。
よく見ると葉の形が残っています。こんな状態の枯葉を見たことはありません。とても怖い、と思います。










黒ずみ劣化して表面が剥がれた壁際に枯葉が溜まっており、粉々の枯葉も見えます。














壁から歩道にかけて亀裂が走り、ここにも粉々の枯葉が溜まっています。


左側の府庁に沿って歩きます。









歩道の平板がぼこぼこと浮き上がってるところがあり、たくさんのヒビが入っています。
根が外へ出ようともがいているように思えました。
土が健やかならこんな事態にはならないのではないでしょうか…










街路樹の間をずっと亀裂が走っています。










かなりガタガタです。根はどんな状態になっているのでしょう…










根の影響と考えにくいところの平板も浮き上がっています。
右側の沈下してる部分を正面から見ると↓









かなりの段差があり、うねっています。










塀も劣化しており、ヒビや溶け出している様子が見えます。










ずっと続いています。


























黄色の視覚障害者誘導用ブロック横の浮き上がってる部分を正面から見たところ↓



















補修した跡もヒビが入っています。
























玄関の手前です。ここは細い木なので植え替えられたのでしょうか…
細い根が浮き上がって絡み合ってるように見えます。周囲の平板はひび割れてきています。




















上の方しか撮れてませんが、大阪府庁の正面玄関です。










玄関の前の道路のひび割れはひどいです。































平板がバラバラに浮き上がっています。










街路樹の根の状態が異様で、周囲はガタガタです。










横断歩道にも深い亀裂があります。










視覚障害者誘導用ブロックが劣化してぼろぼろになっていました。










浮き上がったり、ひび割れてたり…




















街路樹の周りの平板が全体的に浮き上がっているようです。










街路樹から離れた場所でも浮き上がりが見えます。










道路のヒビは細かいですが深いです。
























大きな交差点の電柱が傾いていました。横に沿わせてるのが何かわかりませんが、かなりサビています。


大阪府庁の周辺では、街路樹の異変が次の段階に来たような様子が見られました。
もはや土の中は生物が存在できないほどになっているのではないでしょうか…
この真夏に枯葉となり、それが粉状になってしまうのも考えられないことです。
かつてない生物の危機が訪れています。
大阪府庁周辺A
(2017年8月22日撮影)



粉状になった枯葉が気になって、後日もう一度見に行きました。(ここから下は9/2撮影)








粉状の枯葉が付着していた歩道の街路樹。水が届いてないように葉は縮れ、たくさん落ちてスカスカになっていました。














下から見たところ。下の方にまるで病巣のように細い枝が噴出すように固まったところがあり、枯葉が溜まっていました。









そこから先にも同じように粉状の枯葉が付着した歩道があったので見に行こうと歩きだすと、なぜか身体が重くなりました。


工事中の囲いを過ぎると新しい建物が現れ、その前の歩道も粉状の枯葉が付着していました。








通り過ぎて反対を向いてから撮影。2018年オープン予定の病院です。
LEDらしき照明が点灯しています。その前の街路樹は元気がなく足元に枯葉が溜まっています。
















駐車場出入口の木は黄色い苔が付き、











歩道は茶色に染まり、








足元から朽ちていくような街路樹もありました。




全国のLEDによる影響は、こちらでご覧いただけます。
「LEDの影響 (1)  (2)  (3)  (4)  (5)  (6)  (7)