LEDの影響

大阪府庁周辺A


大阪府庁から本町寄りに谷町筋が走っています。その西側を観察します。







右側のLED照明が取り付けられた電柱は道路側に傾き、左側のパーキングの前の電柱も傾いています。↓














足元は隙間が少しあいています。




















わずかに傾いた電柱が並んでいます。










歩道の平板が脆くなって崩れてきてるところがたくさんありました。














拡大↓




傾いた電柱の周囲のコンクリートが溶けてるのか、何かが溜まっています。










根っこが浮き上がって干からびたような街路樹がありました。










平板が割れていたり、縁石と一緒にズレてるところがあります。














足元には亀裂が入り、水が捌けてないのか滲み出してるのかわかりませんが濡れています。










街路樹のあった場所。まだ抜かれて日は浅いみたいな土の色です。









この通りの東側の街路樹は全部抜かれてしまってて寒々しいものを感じました。
歩道は補修跡が多く、壊れている縁石もたくさんあります。街路樹の根が暴れた跡でしょうか…










歩道が沈下しているところがありました。










傾いてる電柱は…








































いたるところにあります。










目に飛び込んできた街路樹の根元。なぜか直視できなくて、コブか何か、よくわかりません。










マンホールから伸びる深そうな亀裂。

横断歩道の深いひび割れ。









ビルの基礎です。外壁の継ぎ目から何かが溶け出しています。



谷町筋の西側は商業ビルやマンションが多いエリアです。
このあたりでは傾いた電柱がたくさんあったのに驚きました。
高層ビルがこれだけある中、もしもどこかが崩れ始めたら…
LEDをはずすことで守れる未来があります。
(2017年8月22日撮影)


全国のLEDによる影響は、こちらでご覧いただけます。
「LEDの影響 (1)  (2)  (3)  (4)  (5)  (6)  (7)